忍者ブログ
Guitar Music, Jazz, Classic, Folk, Bossanova, ECM, Neue Musik. . . . . . . . . .and Sketches
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ERNEST RANGLIN - Wranglin'

ジャマイカ出身で1964年頃からイギリスに渡り活躍した黒人ギタリスト。

アーネストラングリン。

当時のイギリスジャズ界では最高のギタリストと呼ばれた。

あくまでもジャズ界では。。。だ。

まだイギリスのジャズ自体が発展途上だった為だろう。

ジャズ以外に、うまいギタリストは沢山いたはずだ。

そもそもアメリカとは違って、ヨーロッパのギター音楽には壮大な歴史がある。

・・・・というのも18世紀末〜19世紀初頭ヨーロッパではギター黄金時代と言われ、アグアド(スペイン)、ソル(ロンドンでも活躍)、ジュリアーニ(イタリア)、カルリ(イタリア)、カルカッシ(イタリア)、コスト(フランス)、メルツ(ハンガリー)、プラッテン(ドイツ)、そして現代ギター音楽の父と呼ばれたタレガなどの偉大なギタリストたちがいた。

その後、巨匠セゴビア(スペイン)、リョベート(スペイン) 、プホール(スペイン)、ラモンモントーヤ(スペイン)、ジャンゴ(ベルギー)、イエペス(スペイン)・・・などなど。偉大なギタリストが数多くヨーロッパには存在していたのだ。

ヨーロッパにはアメリカ特有のブルースフィーリングはなかったものの、テクニックは圧倒的にヨーロッパギターの方がレベルは高かった。。。

そういう背景もあってか、当時(〜'60年代くらいまで)ヨーロッパのギタリストはアメリカのギタリストに比べ、遥かにうまい。それはジャズ界に限らずだ。US黒人ギタリストは、味はあっても、ヘタクソな奴が多い。Lジョンソンとか、Cクリスチャンとか、Gグリーンとか。特にピッキングが駄目でおぼつかない。Gベンソンは例外だが。。。

好き嫌いは別として、あくまでテクニックだけの話だが。。。



さて、

本作は'64年「Island Records」に残したロンドンのクラブでのライヴ録音盤。ギタートリオ編成。

革新性はないが、リラックスした明るく豪快な演奏。バーニーケッセルのスタイルに近い気がする。=Cクリスチャンか。

他にMPSでモンティアレキサンダーとの共演盤などもある。

大好きなギタリストの一人だ。

1. Linstead market (Trad., Arr. Ranglin)
2. Angelina (Ranglin) 
3. Tonight (L. Bernstein)
4. Wranglin' (Ranglin)
5. Reflections (Ranglin)
6. Just in time (Styne-Condon-Green)

Ernest Ranglin (g) Malcolm Cecil (b) Allan Ganley (ds)


1. Linstead market 
試聴ファイル↓↓↓
ダウンロード
PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

| prev | top | next |
| 106 | 107 | 104 | 117 | 127 | 115 | 17 | 122 | 58 | 121 | 18 |
Search
WEB Shop
ECM Label Guide
Beautiful Guitars
Gypsy Swing Guitar
Guitar in Miles Davis
ECMとブルーノート
Third Stream Music
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
Jazz


ECM


Classic


Folk


Bossanova


Electronica


Sketch
Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny