忍者ブログ
Guitar Music, Jazz, Classic, Folk, Bossanova, ECM, Neue Musik. . . . . . . . . .and Sketches
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

RALPH TOWNER / ANA (ECM)

'70年代のピリピリした感じも良いが、最近のソロギター作も良いものが多い。このアルバムでは「Joyful Depature」やオレゴン時代もやっていた「Green and Golden」が素晴らしい。この辺りを聴くとコンポーザーとして優れていることがわかる。しっかりしたアレンジとテクニック。バランスの良さ。現代の音楽〜クラシック〜ジャズ〜ロック問わず、幅広い音楽性を感じる。

彼はビルエヴァンス好きでも有名だが、Open Letter (ECM1462) 収録の「Waltz For Debby」のカヴァーもおすすめ。

 


「Solo Guitar Works vol.1〜2」という譜面も出ている。基本的にテーマ部分のみでクラシックギター曲集のような作り。


1. The Reluctant Bride
2. Tale Of Saverio
3. Joyful Departure
4. Green And Golden
5. I Knew It Was You
6. Les Douzilles
7. Veldt
Seven Pieces For Twelve Strings:
8. Between The Clouds
9. Child On The Porch
10. Carib Crib (1)
11. Slavic Mood
12. Carib Crib (2)
13. Toru
14. Sage Brush Rider

Classical and 12 String Guitars - Ralph Towner
All compositions - Ralph Towner
Produced - Manfred Eicher
Recorded March 1996

Time in jazz 2010
PR
ENRICO RAVA - Quotation Marks (JAPO 60010)

ECM傘下のレーベルJAPOに残した'76年名作。アルゼンチンのブエノスアイレスとニューヨークでの録音。

ヨーロッパのモードジャズとアルゼンチンタンゴの融合。

バンドネオンや女性ヴォーカルを起用し、エキゾチックでラテンテイストのリズミカルなアルゼンチンタンゴ、ジャンヌリーのスキャットが入るスピリチュアルジャズ、そしてヨーロッパ風リリカルでクールなマイルス的ジャズロックまで、このすべてが自然に融合されている。

本作は2つのセッションからなる作品で、ECM系中心のジョンアバークロンビーやジャックディジョネット、ジャンヌリーたちとのセッション、そしてアルゼンチン現地アーティストたち中心のセッションに分かれる。エンジニアもそれぞれ違う。

「A2, B2, B3, B4」
Enrico Rava: trumpet
Jeanne Lee: vocal
John Abercrombie: guitar
David Horowitz: piano / synthesizer
Herb Bushler: bass
Ray Armando: percussion
Jack DeJohnette: drums
Warren Smith: marimba / percussion
Recorded in New York, December '73 at Blue Rock Studios
Engineer: Jane... 

「A1, A3, A4, B1」
Enrico Rava: trumpet
Finito Bingert: tenor sax / flute / percussion
Rodolfo Mederos: bandoneon
Ricardo Lew: guitar
Matias Pizarro: piano
El Negro: bass
Nestor Astarita: drums
El Chino: percussion
Recorded in Buenos Aires, April '74 at Audion Studio
Engineer: Nello.

ちなみにドイツオリジナル盤のラベルは、1stプレスが白ラベルで小文字japo、2ndプレスが白ラベル大文字JAPO(プロモ)と黒大文字JAPOがある。

A1Espejismo Ratonera
A2Short Visit To Malena
A3Sola
A4San Justo
B1Water Kite
B2Quotation Marks
B3Naranjales
B4Melancolia De Las Maletas
NATHEN PAGE - PAGE 2

NATHEN PAGE
PAGE 2 
(HUGO'S MUSIC)

レアグルーヴ〜スピリチュアル〜モダンソウルの人気盤。いかにも'70年代。

BAYSTATE盤のCHARLES TOLLIVERの「NEW TOLLIVER」でギターを弾いてた人。

A1とA2が新主流派な感じ。A3がソロギターでジャンゴのメロディなんかも出てくる。B1がヴォーカル入りのモダンソウルな感じ。B2とB3モードジャズ風インスト。


A1. N.H.P.
A2. Things Your Mother Never Told You About The Blues
A3. Tierno
B1. Free (NOT REALLY)
B2. Knapp Time
B3. Ginny

Guitar:Nathen Page
Drums:Mike Smith
Piano:Charles Covington
Tenor,Soprano Saxophone,Synthesizer:Marc Cohen
Trumpet:Jimmy Wilson
Vocals:Judd Watkin

Written By:N.Page
Engineer [Mixing, Recording]:Bill Basham
Recorded at Crosswind Recordings July 17, 1978

↓試聴ファイル(A1. N.H.P.)
ダウンロード
Badly Drawn Boy
Colin Blunstone
 
CHRIS SPEDDING - Songs Without Words

CHRIS SPEDDING
無言歌

クリススペディングといえば、ロカビリーのロックンローラーというイメージが強いが、この当時のジャズロック名盤と言われる作品には、けっこう多く顔を出している。

本作はその彼のデビュー作'69年録音盤。しかも、なぜか日本オンリー。

内容はジャズロック〜プログレ〜フリー〜新主流派的。いい感じだ。レイラッセルとか、マクラフリンとか、テリースミスとかに近いかな。

リリカルで美しいブリティッシュジャズギターの隠れ名盤。CDもあるが、LPは意外と安く拾えるかも。。。


Paul Rutherford (tb)
Chris Spedding (g, vo)
Butch Potter (b)
John Mitchell (pf)
John Marshall (ds)

1971 Toshiba, Japan

↓試聴ファイル
ダウンロード
Roland Dyens - Nuages (GHA)

タンゴ・アン・スカイの作曲者でも有名な現在世界を代表するクラシックギタリストの'98年録音作品。ジャンゴの代表曲「雲」、ジョビン作の強烈なアレンジ「Felicidade」、モンクの「Round Midnight」、サティの「Gnossienne No.1」収録。


圧巻はアレンジが最高の「El choclo」。


2003年録音の「Night and Day」もおすすめ。


1. Nuages
2. Bachianas brasileiras Nr.5: Aria
3. Felicidade
4. Hommage a` Boris Vian: Ville d'Avril
5. Valse en skai
6. Round Midnight
7. Deux hommages a Marcel Dadi: Tristemusette
8. Songe capricorne
9. El choclo
10. Sols d'leze
11. Gnossienne No.1

Roland Dyens (guitar)

El Choclo arr: R.Dyens ウマすぎ。
ANDY PARTRIDGE
MARC JOHNSON - The Sound of Summer Running

Pat Metheny - Bill Frisell - Joey Baron - Marc Johnson

Verve : 5392992 / 1998年

二人の偉大なギタリストが完全にギター少年にもどった瞬間。

すばらしい企画が大成功した作品。そして全ギターファンに聴いてほしいアルバム。

新しいものは何もいらない。

タイプの違う二人のギタリストの素晴らしい化学反応とジャンルを超えた純粋さがある。

過去にECMに残した「Bass Desires」も良かったが、それを遥かに上回る。

カリフォルニアの青い空と古き良き時代のアメリカンルーツを強く感じる傑作だ。


ギター小僧永遠の名盤。。



1.Faith In You
2.Ghost Town
3.Summer Running
4.With My Boots On
5.Union Pacific
6.Porch Swing
7.Dingy-Dong Day
8.The Adventures Of Max And Ben
9.In A Quiet Place
10.For A Thousand Years

Bass, Written : Marc Johnson
Drums : Joey Baron
Electric, Acoustic Guitar : Bill Frisell
Electric, Acoustic, 42 string Pikasso Guitar : Pat Metheny

Engineer : Joe Ferla
Mastered : Greg Calbi
Producer : Lee Townsend

Recorded at Avatar Studios, New York City 
Mixed at Sony Music Studios, New York City 
Mastered at Masterdisk, New York City
RODNEY JONES

ロドニージョーンズ。

オランダのレーベルTIMELESSからリーダー作をリリースしているギタリスト。

基本はフュージョン〜ソウルジャズ〜ハードバップスタイル。

ウェスやジョージベンソンの影響も感じる。

こちらはディジーガレスピーバンドでの演奏。
 
Nick Lowe
ROBIN KENYATTA - Girl From Martinique (ECM 1008)

フルート、サックス奏者ROBIN KENYATTAがECMに残した1970年録音盤。

ダウナーのクラヴィネットが最高。ハービーハンコックやスティービーワンダーの「迷信」等でおなじみのホーナーを使用している。

スピリチュアル〜ファンク〜ジャズロック的好内容。

真っ黒だが決して暑苦しくない、クールさ加減がいい。

未CD化。

A1Girl From Martinique
A2Blues For Your Mama
B1Thank You Jesus
B2We'll Be So Happy

Flute, Alto Saxophone, Percussion, Written-By – Robin Kenyatta
Clavinet [Hohner], Piano – Wolfgang Dauner
Drums – Fred Braceful
Bass – Arild Andersen

Design [Cover] – B & B Wojirsch
Engineer – Karl-Hermann Hinderer, Kurt Rapp
Producer – Manfred Eicher

Recorded on October 30, 1970 at the Tonstudio Bauer, Ludwigsburg
STEVE KUHN QUARTET - Last Year's Waltz (ECM 1213)

ピアニスト、スティーヴキューンのECMに残した1981年N.Y.ライヴ録音盤。

代表作「Portralt of Sheila」で有名なSheila Jordanのヴォーカルから始まる。

ジャケットのイメージからは想像もつかないような、透明感のあるヨーロッパ風のモーダルジャズ好内容。ECMにしてはかなりストレートな演奏だ。
ライヴならではの気迫のこもった、自由でリリカルな素晴らしいピアノが聴ける。

A3の少しブラッドメルドー風のずれ気味なアドリブ、B1のラテン風哀愁漂うメロディ、B2の疾走感のある怒濤のフレーズ、そしてB4のスタンダードメドレーはECMでは考えられないバップ全開のソロ。

彼のベストプレイといっても過言ではない名演奏の数々だ。
もちろんSheila Jordanの歌もすばらしい。彼女の参加があるから、ピアノ演奏がより引き締まって聴こえる。A1, A2, A4, B3, B5, B6がヴォーカル入り。A3, B1, B2がピアノトリオ、 B4がソロによる演奏。

ドイツ盤、US盤、日本盤のアナログ盤が存在する。US盤のジャケットには「LIVE IN NEW YORK」と入っているが、ドイツ盤には入っていない。マトリックスはUS盤が39802-A ECM-1-1213 MUSTERDISK、ドイツ盤が2301213S1となっている。US盤の方が、アタック、奥行き、高音低音ともにクリアに聴こえる気がする。ドイツ盤も決して悪くないが、音が丸い。普通ECMと言えば逆なのだが・・・。内容の問題もあるかもしれないが、US盤の方がしっくり聴ける。アメリカ録音だからかな・・・。

未CD化。

A1Turn To Gold (S. Kuhn)
A2The Drinking Song (S. Kuhn)
A3Last Year's Waltz (S. Kuhn)
A4I Remember You (J. Mercer, V. Schertzinger)
B1Mexico (H. Swartz)
B2The Fruit Fly (S. Kuhn)
B3The Feeling Within (S. Kuhn)
B4Medley
Old Folks (D. Hill*, W. Robinson)
Well You Needn't (T. Monk)
B5Confirmation (C. Parker)
B6The City Of Dallas (S. Swallow)

Piano – Steve Kuhn
Voice – Sheila Jordan
Drums – Bob Moses
Bass – Harvie Swartz

Cover [Photo] – Richard Sudhalter
Design – Barbara Wojirsch

Engineer – David Baker
Engineer [Assistant] – Christian Dalbavie
Engineer [Mixing] – Martin Wieland
Producer – Robert Hurwitz

Recorded April 1981 at Fat Tuesday's, New York City
Bob Dylan
Thurston Moore
JEAN CLAUDE ANDRE - At Home

フランスのレーベル「FUTURA」に残した1971年作のギタートリオアルバム。

全曲、Jean-Claude Andréの作曲によるオリジナル。

「FUTURA」なのでフリー寄りかと思いきや全然そんなことはない、フレンチらしくオシャレでモーダルな曲調とスウィング感あふれる小粋な好演奏。

黒っぽさはなく、ジムホール辺りの影響を感じさせる。

ジャケからもオシャレなモード感が伝わってくる。


Side A
1. ESPACE
2. ENVOLEE
3. LAMENTATION
Side B
4. LE VENT
5. FIXATION
6. DESCENTE

Conpositions de J.-C. André

Bass – Pierre Moreilhon
Drums – Christian Berthier
Guitar – Jean-Claude André

Photography – Jean-Claude André
Producer – Gérard Terronès*
Recorded By – Claude Alestchenkoss

Recorded on May 10, 1971 in Paris, France.
ENRICO RAVA - Opening Night (ECM 1224)

ECMに残した1981年録音盤。

A1のシナトラで有名な邦題「センチになって」はAndrea PozzaやAldo Romanoの作品でもラヴァと共に演奏されている。それ以外はラヴァの作曲、B3のみNougaro/Romanoの作曲。

比較的さわやかなテーマが多いが、一転してソロになるとかなりフリーな演奏になったりする。ハードバップ〜モード〜フリーへと激変する幅の広い楽曲群。

B3はAldo Romanoのギターとラヴァのボサノバチックで素朴なデュオがいい感じ。

そしてテクニシャン、フランコダンドレアのチックコリア風フリーキーでモーダルな美しいピアノが強烈。

エンジニアはECMに数多くの名録音を残しているMartin Wieland。

未CD化。


A1I'm Getting Sentimental Over You
A2Opening Night
A3Diva
B1Grrr
B2F. Express
B3Venise
B4Thank You, Come Again

Enrico Rava: Trumpet
Franco d'Andrea: Piano
Furio di: Bass
Aldo Romano: Drums, Guitar

Recorded December 1981 at Tonstudio Bauer, Ludwigsburg

Engineer: Martin Wieland
Produced by Thomas Stowsand
aphex twin
Fred Frith & Evelyn Glennie - Sugar Factory (Tzadik)

ドイツ、ケルンの廃墟となった工場でのセッション。デュオ作品。ドキュメンタリー映画「Touch the Sound」で取り上げられた聴覚障害のパーカッショニスト、エヴリン・グレニーと最も器用なアヴァンギャルドなギタリスト、フレッド・フリスによる美しいポートレイト。


'74年の「Guitar Solo」がソロデビュー作。その前はHENRY COW 在籍。


フリージャズ〜アヴァンギャルド系のギタリストでは最も聴きやすいギタリストではないか。Dベイリーとは近いようで対照的。


1. A Route Of Wolves 
2. In the World To Change the World 
3. A Rag Of Colts 
4. Scuttlebutt 
5. A Cast Of Hawks 
6. Medley: Walls Are Loose/A Little Prayer 

Fred Frith(Metal Objects,Organ,Electric Guitar,Bass)
Evelyn Glennie(Voice,Paper,Bell-tree,Toy Piano,Simtak,Marimba,Steel Drum,Vibraphone,Metal Objects,Cymbals,Gongs,Drums) 



Fred Frith & Evelyn Glennie - A Little Prayer
Kevin Ayers
| prev | top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
Search
WEB Shop
ECM Label Guide
Beautiful Guitars
Gypsy Swing Guitar
Guitar in Miles Davis
ECMとブルーノート
Third Stream Music
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Categories
Jazz


ECM


Classic


Folk


Bossanova


Electronica


Sketch
Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny