忍者ブログ
Guitar Music, Jazz, Classic, Folk, Bossanova, ECM, Neue Musik. . . . . . . . . .and Sketches
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

BILL EVANS TRIO with HERB GELLER
ビルエヴァンストリオとハーブゲラーの珍しいカルテット。

1972年ドイツでのテレビ放送。

Hゲラーはジェレミースタイグの代役といったところか。

ベースはエディゴメス、ドラムはマーティモレルの時代。

このトリオでの演奏は以下の作品を残している。
'69「WHAT'S NEW」'69「JAZZHOUSE」'69「YOU'RE GONNA HEAR FROM ME」'70「FROM LEFT TO RIGHT」'70「MONTREUX Ⅱ」'73「LIVE IN TOKYO」'74「SINCE WE MET」'74「BLUE IN GREEN」・・・・


BILL EVANS TRIO with HERB GELLER
February 14th 1972, Funkhaus Hamburg, Western Germany.

BR-alpha TV Re-Broadcast.

Bill Evans - piano
Eddie Gomez - bass
Marty Morell - drums
Herb Geller - flutes (piccolo, alto & c), alto saxophone.

NDR production "Backstage-Report über die Proben für ein Jazzkonzert" (backstage report on the rehearsals for a jazz concert).

May be this is the Tracklist:

1 Waltz for Dissention
2 Quarter Time Experiment 
3 Northern Trail
4 Sao Paulo
5 Stockenhagen
PR
JOHN SCOFIELD - A Moment's Peace

ジョンスコ、久々の当たりだ。

余計な邪念がない。シンプルで楽曲を大切にする姿勢。

淡く、あせることなく、自然体で新鮮。

エネルギーも感じるが、リラックスして聴ける。

熟練した4人の美しい化学反応がすばらしい。

彼独特のフレーズも健在だが、これが不思議と柔らかい。

素直にジャズバラードが楽しめるギター好作品だ。

John Scofield(g)
Larry Goldings(p)
Scott Colley(b)
Brian Blade(ds)

1. Simply Put
2. I Will
3. Lawns
4. Throw It Away
5. I Want To Talk About You
6. Gee Baby Ain't I Good To You
7. Johan
8. Mood Returns
9. Already September
10. You Don't Know What Love Is
11. Plain Song
12. I Loves You Porgy
HAMILTON DE HOLANDA & ANDRE MEHMARI - gismontipascoal

ギタリストのアミルトン・ヂ・オランダとピアニスト兼アレンジャーのアンドレ・メーマリによるバンドリンとピアノのデュオ作品。

ブラジル〜クラシック〜ジャズの境界線を超えた巨匠のエグベルトジスモンチとエルメートパスコアルへ捧げたアルバム。

美しく彩られたオーガニックサウンドと洗練されたカラフルな音作り。

繊細なバンドリンとピアノが気持ちよく響き合い交差し合う。

特にジスモンチの「Frevo」「7 Anéis」「Palhaço」の流れがお気に入りだ。


1. Gismontipascoal
2. São Jorge
3. Intocável
4. Frevo
5. 7 Anéis
6. Palhaço
7. Bebê
8. Memoria e Fado
9. A Fala da Paixão
10. Chorinho pra Eles
11. Menino Hermeto
12. Santo Antonio
13. Loro
14. O farol que nos guia
15. Gismontipascoal(festa)
16. Música das nuvens e do chão

Hamilton de Holanda(bandolim), Andre Mehmari(p)
GILAD HEKSELMAN - Splitlife (smalls)

イスラエル出身のギタリスト、GILAD HEKSELMANの2006年デビュー作。

聴いた瞬間、あ、ジムホールじゃん。と思うほどのグッとくる音色とフレーズ。

いい。

次から次へと溢れ出てくる単音フレーズが実にセンスを感じる心地よさ。

ギタートリオという編成も楽曲的にはまっているのかも。しかもライヴってのもいい。

オリジナルの作曲センスも優れているし、スタンダードもしっとりと聴かせる。

いいギターアルバムだ。

Gilad Hekselman (guitar)
Joe Martin (bass)
Ari Hoenig(drums)

1 Purim (Hekselman)
2 Hello Who Is It? (Hekselman)
3 My Ideal (Robin/Whiting)
4 I Fall in Love Too Easily (Styne/Cahn)
5 Suite For Sweets (Hekselman)
6 When Will the Blues Leave (Coleman)
7 The Summer of Laughs and Tears (Hekselman)
8 Breathless (Hekselman)
9 I Should Care (Cahn)
10 My Second Childhood (Caspi)
ARVO PART- 24 Preludes for a Fugue

Arvo Pärt(1935年9月11日-)

エストニア出身の現代音楽作曲家、アルヴォペルト。

ショスタコーヴィチやプロコフィエフ、バルトークの影響を受けた新古典主義の様式とシェーンベルクの十二音技法やセリエルを取り入れた楽曲等がある。

ECMに残した「Tabula rasa」や「Alina」が代表的作品。

こちらの譜面は「Alina」収録の「Spiegel Im Spiegel」、シンプルで美しい曲。

その後、宗教的な作品が多く見られる。



Arvo Part - 24 Preludes for a Fugue - [ 1 de 9 ]



CHARLIE MARIANO - Discography In '70s


CHARLIE MARIANO - 1923年11月23日ボストンの生まれ~2009年6月16日にドイツにて死去。

チャーリー・マリアーノといえば、秋吉敏子の元夫でマンデイ満ちるの父親、そしてウェストコーストの名手として有名。

。。。だが、1970年代に残した彼の作品には、本当にすばらしい作品が数多く存在する。

'70年代の象徴とも言うべき内容の傑作揃いだ。

はっきり言ってぶっ飛ぶ。

多様な音楽性と先鋭的で実験的な姿勢。

ジャズロック~プログレ~エレクトリックジャズファンク~フュージョンの流れを自然に吸収し消化した楽曲群。

そしてエスニック~民族~アンビエント~スピリチュアル~そして現代音楽までものみ込んだディープなオーガニックサウンド。

他、Embryoやゲスト参加作などなど。。。



Charlie Mariano – Mirror
Atlantic – SD 1608

エスニック~ジャズファンク~ジャズロック、エレピを使用したフュージョン的サウンド。ギターにスピノザ参加。

A1Himalaya
A2Shout
A3F Minor Happy
A4Theme From Summer Of '42(Michel Legrand)
B1Mirror
B2Vasi Bindu (Raindrops)
B3Madras

• Bass [Electric] – Tony Levine
• Double Bass [String Bass] – George Mraz
• Drums – Ray Lucas
• Electric Piano, Organ – Pat Rebillot
• Guitar – David Spinozza
• Percussion – Airto Moreira, Ralph McDonald
• Saxophone [Soprano, Alto] – Charlie Mariano (tracks: A1 to A3, B1, B2)

Charlie Mariano With The Chris Hinze Combination
Freedom – 162 301

クリスヒンゼが参加したエレクトリックジャズファンク的内容。サイケで先鋭的だ。

A1Lullaby For Dewi
A2Mirror Of Your Mind
B1Traditional South Indian (Carnatic) Kirtanam (Ragam Madri)
B2Lassana Lamaya (Beautiful Child)

• Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Flute, Flute [Indian], Nadaswaram – Charlie Mariano
• Drums – Jimm Chaaperoe
• Flute, Flute [Alto], Piccolo Flute, Piano – Chris Hinze
• Piano, Electric Piano – Wim Stolwyk*
Recrded in Bearn, Holland, 31st July 1971

Charlie Mariano With The Chris Hinze Combination - Lullaby for Dewi

Embryo & Mal Waldron & Charlie Mariano - 29.6.73 in Hamburg

Embryoにマル、マリアーノ参加のライヴ自主盤。
Bootleg LP of a concert recorded on June 29, 1973

Gary Bartz, Lee Konitz, Charlie Mariano, Jackie McLean – Altissimo
Philips – RJ-5102, Nippon Phonogram – RJ-5102

4人のアルトによる日本企画盤。もの凄い面子。バックのトリオもすごい。

A1Another Hairdo
A2Mode For Jay Mac
A3Love Choral
B1Fanfare
B2Du (Rain)
B3Hymn
B4Telieledu Rama

• Alto Saxophone – Charlie Mariano, Gary Bartz, Jackie McLean, Lee Konitz
• Bass – Palle Danielsson
• Drums – Han Bennink
• Piano – Joachim Kühn

Recorded July 15 1973 at Rosenberg Studio, Copenhagen, Denmark.

こちらはCマリアーノ率いるバンドEmbryo - Flute, Saz and Marimba (1973)

Charlie Mariano – Reflections
RCA Victor – YFPL 1-828

フィンランド録音。コルトレーンの「Naima」やマイルスの「Blue In Green」、ジャズロック風「Ramblin'」収録。ユッカトローネンやサブー参加。

A1.Glenford Crescent
A2.Naima
A3.Brother Muthaiah
A4.Spanish Dance No. 2
B1.Blue In Green
B2.Thiruvarankulam
B3.Chile
B4. Ramblin'

• Acoustic Bass – Pekka Sarmanto
• Congas – Sabu Martinez
• Drums – Esko Rossnell*, Reino Laine
• Electric Bass – Heikki Virtanen
• Electric Guitar – Jukka Tolonen
• Electric Piano – Olli Ahvenlahti
• Percussion – Sabu Martinez
• Piano – Esko Linnavalli, Olli Ahvenlahti, Pentti Hietanen
• Saxophone [Alto] – Charlie Mariano
• Saxophone [Soprano] – Charlie Mariano, Eero Koivistoinen
• Saxophone [Tenor] – Eero Koivistoinen
Recorded in Helsinki March 14th and 15th 1974 at Finnvox Studios.

試聴♪


Charlie Mariano – Cascade
Keytone – KT 444 054

オランダのkeytoneに残した、フィリップカテリーン参加のジャズロック風作品。トゥーツシールマンスのkeytone盤にもPカテリーンが参加しているが、そちらもおすすめ。

A1Suite Of The Festival
A2Harriet
A3Quest
A4Electric Funk Jungle
B1Cascade
B2Piece For Banjo And Kazoo
B3Locus

• Acoustic Guitar [Spanish Guitar], Guitar [Electric Guitar] – Philip Catherine
• Bass [Acoustic, Electric] – John Lee (3)
• Drums, Percussion – Gerry Brown
• Electric Piano [Fender Piano], Organ – Jasper Van 't Hof*
• Flute – Chris Hinze
• Guitar [Electric Guitar] – Michaël Samson
• Piano, Electric Piano [Fender Piano] – Rob Van Den Broeck
• Saxophone [Alto, Soprano], Flute [Wooden Indian Flutes], Reeds [Nagafvaram] – Charlie Mariano

Jac's Group Featuring Charlie Mariano – Jazz A Confronto 15
Horo Records – HLL 101-15

イタリアの人気レーベルHOROに残した、ジャズロック風作品。こちらもフィリップカテリーン参加。彼の参加作はどれもハズレなし。

A1. Look Up
A2. I Felt Obliged
A3. Zirkus
B1. 47 Seconds
B2Eighteen Bar Blues
B3Duo Maximum
B4Unexpected

• Bass – Jean-François Jenny-Clark*
• Drums – Aldo Romano
• Guitar – Philip Catherine
• Organ [Yamaha] – Jasper Van't Hof
• Saxophone [Alto], Saxophone [Tenor], Flute – Charlie Mariano

Recorded at “Titania’s Studio”, Rome on January 18 1975

Charlie Mariano – Helen 12 Trees
MPS Records – DC 229 416

ヤンハマーのエレピ、ムーグシンセを使用したMPSならではのジャズロック風内容。

A1Helen Twelvetrees
A2Parvati's Dance
A3Sleep, My Love
A4Thorn Of A White Rose
B1Neverglade Pixies
B2Charlotte
B3Avoid The Year Of The Monkey

• Bass – Jack Bruce
• Composed & Reeds By – Charlie Mariano (tracks: A1 to A3, B1 to B3)
• Drums – John Marshall
• Percussion – Nippy Noya
• Piano, Electric Piano, Synthesizer [Moog] – Jan Hammer
• Violin – Zbigniew Seifert

Recorded and mixed May 6, 7, 8, 1976 at Union Studio Munich -Solln, Germany.

Charlie Mariano - Helen 12 Trees (MPS)


Charlie Mariano – October
Contemp Records – Contemp 2

スピリチュアル~インド風、ジャズロック~現代音楽的内容。ベースはバールフィリップス。

A1. Aszu
A2. Nagaswarup
A3. Earth
A4. Out Of The Jungle
B1. To An Elfin Princess
B2. 7 Up
B3. Back Of J.
B4. Down The Kaveri

• Acoustic Bass – Barre Phillips
• Acoustic Piano, Electric Piano, Synthesizer – Rainer Brüninghaus
• Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Flute, Nagaswaram – Charlie Mariano
• Drums, Percussion – Udo Dahmen
• Electric Bass – Hans-Georg Meuser
• Tabla, Percussion – Trilok Gurtu

Philip Catherine, Charlie Mariano, Jasper Van't Hof – Sleep My Love
CMP Records – CMP 5 ST

管、ギター、鍵盤のトリオ。シンセサイザー等を使用した独特でミニマルな世界観。

A1. Sleep My Love
A2. 5 Pages
A3. Le Sept Boules De Christal
A4. Scrabble
B1. Janet
B2. Smell Of Madras
B3. Improvisation On A Theme Of Schoenbergs "Verklärte Nacht"

 

• Saxophone [Soprano, Alto], Flute, Reeds [Nagaswaram] – Charlie Mariano
• Guitar [Electric], Acoustic Guitar, Guitar [Guitar Synthesizer] – Philip Catherine
• Piano, Electric Piano, Organ, Synthesizer, Kalimba – Jasper Van't Hof
• Recorded By – Henrik Lund
• Recorded By [Supervised By] – Vera Brandes
 


Charlie Mariano - Crystal Bells
CMP (Germany) 10 ST

こちらもクリアで洗練されたエレピ等使用のジャズロック~フュージョン的クロスオーバーな作品。

A1. Cynthia
A2. Afreeka
A3. Crystal Bells
B1. Telisi Rama (trad.)
B2. Becky
B3. Turquoise

• Charlie Mariano – alto & soprano saxophones, bamboo flutes, nagaswaram
• Stu Goldberg – piano, keyboards, synthesizers
• Gene Perla – bass
• Don Alias – drums, congas, percussion

Recorded in December 1979 and mixed in January 1980 by Henrik Lund at Easy Sound Studio, Copenhagen, Denmark
Produced by Kurt Renker
ERNEST RANGLIN - Wranglin'

ジャマイカ出身で1964年頃からイギリスに渡り活躍した黒人ギタリスト。

アーネストラングリン。

当時のイギリスジャズ界では最高のギタリストと呼ばれた。

あくまでもジャズ界では。。。だ。

まだイギリスのジャズ自体が発展途上だった為だろう。

ジャズ以外に、うまいギタリストは沢山いたはずだ。

そもそもアメリカとは違って、ヨーロッパのギター音楽には壮大な歴史がある。

・・・・というのも18世紀末〜19世紀初頭ヨーロッパではギター黄金時代と言われ、アグアド(スペイン)、ソル(ロンドンでも活躍)、ジュリアーニ(イタリア)、カルリ(イタリア)、カルカッシ(イタリア)、コスト(フランス)、メルツ(ハンガリー)、プラッテン(ドイツ)、そして現代ギター音楽の父と呼ばれたタレガなどの偉大なギタリストたちがいた。

その後、巨匠セゴビア(スペイン)、リョベート(スペイン) 、プホール(スペイン)、ラモンモントーヤ(スペイン)、ジャンゴ(ベルギー)、イエペス(スペイン)・・・などなど。偉大なギタリストが数多くヨーロッパには存在していたのだ。

ヨーロッパにはアメリカ特有のブルースフィーリングはなかったものの、テクニックは圧倒的にヨーロッパギターの方がレベルは高かった。。。

そういう背景もあってか、当時(〜'60年代くらいまで)ヨーロッパのギタリストはアメリカのギタリストに比べ、遥かにうまい。それはジャズ界に限らずだ。US黒人ギタリストは、味はあっても、ヘタクソな奴が多い。Lジョンソンとか、Cクリスチャンとか、Gグリーンとか。特にピッキングが駄目でおぼつかない。Gベンソンは例外だが。。。

好き嫌いは別として、あくまでテクニックだけの話だが。。。



さて、

本作は'64年「Island Records」に残したロンドンのクラブでのライヴ録音盤。ギタートリオ編成。

革新性はないが、リラックスした明るく豪快な演奏。バーニーケッセルのスタイルに近い気がする。=Cクリスチャンか。

他にMPSでモンティアレキサンダーとの共演盤などもある。

大好きなギタリストの一人だ。

1. Linstead market (Trad., Arr. Ranglin)
2. Angelina (Ranglin) 
3. Tonight (L. Bernstein)
4. Wranglin' (Ranglin)
5. Reflections (Ranglin)
6. Just in time (Styne-Condon-Green)

Ernest Ranglin (g) Malcolm Cecil (b) Allan Ganley (ds)


1. Linstead market 
試聴ファイル↓↓↓
ダウンロード
BOULEZ - Le marteau sans maitre

フランスの作曲家。1925年3月26日生まれ。
シュトックハウゼンと共鳴するが、ノーノとは対立。初期にはヴェーベルンの極小セリー形式から出発し、シェーンベルクの音楽に対しては批判的。ドビュッシーやストラヴィンスキーの再評価に務めた。

本作は大好きなブーレーズの超名作。初演は1955年。
ギクシャク。かっちょイイ。。。
きっとドルフィー辺りも影響うけてるんだろーな。








「激怒する職人」の前奏
EDGARD VARESE - Ionisation

Edgard Varèse(1883年12月22日 − 1965年11月6日)

フランス出身の現代音楽作曲家、エドガーヴァレーズ(写真右)。

印象派やイタリア未来派の影響を受け、打楽器や電子楽器などを使用した作品を多数残している。

斬新で厳格、緻密な音響空間、そして強烈な個性とカリスマ性。

フランクザッパを一瞬で虜にし、チャーリーパーカーが弟子入りを熱望したというのは有名な話。


こちらは1931年作曲の「Ionisation」


JEFF PARKER - Relatives (THRILL129)

スピリチュアル、エレクトロニカ、エレピ、ポップで前衛、でジャズファンクありの、マーヴィンゲイカヴァーあり。ちょっとグラントグリーンの音色にも近いかな。もともとバリバリの前衛もやるし、ポストロック〜エレクトロニカ系まで、幅広い演奏が出来る面白いギタリスト。確かカートローゼンウィンケルとバークリー音大で同僚だったとか。

トータス、isotope217、シカゴ・アンダーグラウンド・トリオのギタリストとしても有名。ソロ2作目。

攻めてるけど素朴なところがまた良い、マイフェイヴァリットジャズギターアルバム。

1. Istanbul
2. Mannerisms
3. Sea Change
4. When Did You Stop Loving Me, When Did I Stop Loving You
5. Beanstalk
6. The Relative
7. Toy Boat
8. Rang

JEFF PARKER(Guitar)
SAM BARSHESHET(rhodes,ep)
CHRIS LOPES(b,g,fl,perc)
CHAD TAYLOR(ds,perc)

John Mcentire(Mixing,Engineer)
Marvin Gaye(Composer)
Matt Lux(Composer)
Roger Seibel(Mastering)
Sheila Sachs(Design)

こちらはソロでの演奏。
LIGETI - Artikulation

Ligeti György Sándor(1923年5月28日 - 2006年6月12日)

ハンガリー出身の現代音楽作曲家リゲティ。

管弦楽、協奏曲、室内楽、ピアノ曲、そしてスタンリーキューブリックの映画音楽でもお馴染みの作曲家。

バルトークに影響を受けていて、近年ではアフリカ音楽〜ガムラン、ケチャの影響を取り入れた作曲もなされていた。

こちらは1958年作曲の「Artikulation」を映像化したもの。
SYD BARRETT
JACOB YOUNG - Discography


ここ最近のお気に入りギタリスト、ヤコブヤング。ノルウェー出身。Jim HallやJohn Abercrombieに師事。

繊細で緻密な曲作り、質の高いメロディーセンスと和音のセンス。

どちらかというとギタリストとしてよりも、コンポーザーとして優れている。

ECMの2枚も勿論良いが、個人的には初期の3作品に魅力を感じる。より自由度が強い気がする。

メセニーやキース好きにおすすめ。

↓試聴ファイル(2ndのComing HOME)
ダウンロード

■Jacob Young - This Is You
NORCD NOR-CD 9513
Released:1995
Guitar ; Jacob Young
Piano, Organ ; Larry Goldings
Soprano Saxophone; Bendik Hofseth
Trumpet ; Nils Petter Molvaer, etc.
Recorded at Rainbow Studios, Oslo, 1994

 

■Jacob Young - Pieces Of Time
Curling Legs CLP CD 37
Released:1997
Guitar ; Jacob Young
Piano, Electric Piano ; Vigleik Storaas
Tenor Saxophone, Soprano Saxophone; Trygve Seim, etc.
Recorded at Major studio, Oslo, Norway, during december 1998 and january 1997

■Jacob Young - Glow
Curling Legs CLP CD 60 Released:2001
Guitar; Jacob Young, Knut Reiersrud
Piano ; Vigleik Storaas, Christian Wallumr 
Soprano Saxophone ; Trygve Seim
Tenor Saxophone ; Bendik Hofseth, Hakon Kornstad,Trygve Seim Trumpet; Arve Henriksen, 
Producer ;Reidar Skår, etc.
recorded and mixed at Rainbow Studio, 1999~2001 

■Karin Krog / Jacob Young ; Where Flamingos Fly
Grappa Musikkforlag ; GRCD 4189
Released:2002
Guitar; Jacob Young
Vocals ; Karin Krog
Bass ; Arild Andersen
Recorded and mastered 5-6. December 2001 at Rainbow Studio, Oslo

■Jacob Young - Evening Falls
ECM Records ECM 1876
Released:2004 
Bass ; Mats Eilertsen
Basset Horn ; Vidar Johansen
Drums ; Jon Christensen
Guitar ; Jacob Young
Trumpet ; Mathias Eick
Recorded December 2002

■Jacob Young - Sideways
ECM Records ECM 1997 Released:2007
Bass Clarinet, Tenor Saxophone ; Vidar Johansen
Drums ; Jon Christensen Trumpet ; Mathias Eick
Guitar ; Jacob Young, etc.
Engineer ; Jan Erik Kongshaug
Producer ; Manfred Eicher
Recorded May 2006 Rainbow Studio, Oslo.
DOUBLE IMAGE - Dawn (ECM 1146)

ヴィブラホーン、マリンバ、ベース、ドラムという編成のグループ「Double Image」のECMに残した1978年録音盤。

未CD化アルバム。

まずはヴァイブとマリンバを組み合わせるという、いかにもECMらしい変則的編成にそそられる。

チェットベイカーとも共演歴がありENJAにもリーダー作を残しているDavid Friedman、パットメセニーグループの一員だったDave Samuels、スティーヴキューンと共演していたHarvie Swartz、ラルフタウナーと共演歴のあるMichael Di Pasquaによる4人。

ヴァイブとマリンバが交差するハーモニーの音響空間と
計算された繊細かつ大胆なアレンジと展開力がすばらしい。

本作の一年前、ENJAにもアルバムを残していて、その時のエンジニアはなんとMartin Wielandだった。そちらは短尺の曲が多く、よりキャッチーなイメージ。

本作は、よりコンセプチュアルで抽象的作風に仕上がっている。こちらのエンジニアはヤンエリックコングスハウクだ。


A1  Passage
A2  The Next Event
B1  Sunset Glow
B2  Crossing

Dave Samuels - Vibraphone, Marimba
David Friedman - Marimba, Vibraphone
Harvie Swartz - Bass
Michael Di Pasqua - Drums, Percussion

Arranged By – Double Image
Engineer – Jan Erik Kongshaug
Producer – Manfred Eicher

Recorded October 1978 at Talent Studio, Oslo.
JOHN CLARK - Faces (ECM 1176)

まずはじめに、メンバーや編成を見た時はここまで素晴らしい演奏だとは想像もしなかった。

ジョンクラークがECMに残した1980年録音盤。未CD化アルバム。

ギルエヴァンスオーケストラやジャコパスビッグバンドで活躍したジョンクラーク(フレンチホルン)、ECMに数多くのリーダー作があるデヴィッドダーリン(チェロ)、Double Imageのメンバーであるデヴィッドフリードマン(マリンバ)、そしてボボステンソントリオでお馴染みのECMを代表するドラマー、ヨンクリステンセン(ドラム)。

たった4人での演奏とは思えないほど、まるでエレクトリック的な処理が多用されているかのようなサウンドだ。各楽器の音の配置が適材適所で、特に一曲目はよく計算されたアレンジが素晴しい。この1曲目だけでも一聴の価値ありだ。

B-2は南国風な曲調だが、そこはECM。どこまでもクールです。ベースがいないとは思えない。

B-4はバロック調のバッハ風ジョークのような曲。しかし、よく聴くとすごく緻密で計算された曲だという事がわかる。やる方は意外とむずかしいんだよなぁ、こういう曲って。


A1  The Abhà Kingdom
A2  Lament 
B1  Silver Rain Pt. III 
B2  Faces In The Fire   
B3  Faces In The Sky 
B4  You Did It, You Did It ! 

Cello – David Darling
Drums – Jon Christensen
French Horn – John Clark 
Vibraharp, Marimba – David Friedman

Engineer – Jan Erik Kongshaug
Producer – Manfred Eicher
Recorded April 1980 at Talent Studios, Oslo.
DUCK BAKER Plays The Music Of HERBIE NICHOLS (AVANT)

まず企画が面白い。ジョンゾーンのレーベルAVANTから。ブルーノート盤でも有名な不遇のピアニスト、ハービーニコルズの作品集。しかも全曲ギター1本でカヴァー。モンクを彷彿とさせる屈折したメロディーとコード進行。さすがに大変そう。フォークカントリー、ラグタイム系のギタリストには珍しくダックベイカーはガットギターを使用。


ハービーニコルズはベートーベン、ストラビンスキー、バルトークが好きだったそう。ジャケはダックベイカーではなくハービーニコルズ。


1. The Third World
2. The Happenings
3. Lady Sings The Blues
4. Nick At T'S
5. House Party Starting
6. 2300 Skidoo
7. Portrait Of Ucha
8. 134Th St.
9. Spinning Song

Guitar - Duck Baker 
All compositions - Herbie Nichols
Executive Producer - John Zorn


こちらは本家
VAN DYKE PARKS
MARC RIBOT - Saints (ATLANTIC)

器用すぎる故の崩しの美とでも言えるテクニックセンス。多くの異色の情報を素朴なモチーフに見せかけるうまさ。エレガントでスピリチュアル。アルバートアイラーやセロニアスモンク、ビートルズたちへのルーツに対する敬意を強く感じるさせる美しいソロギター作品。

そして、なぜかジャンゴとデレクベイリーの影が見え隠れするよう。。。

ソロギター作品としては彼のギターの師匠であるFrantz Casseusへのトリビュート「Plays Solo Guitar Works of Frantz Casseus」(1993年作)があるが、基本的にクラシックスタイルで、本作とは別人のような演奏。

1. Saints (Albert Ayler)
2. Book Of Heads (John Zorn)
3. I'm Getting Sentimental Over You (Bassman/Washington)
4. Empty (Marc Ribot)
5. Happiness Is A Warm Gun (Lennon/McCartney)
6. I'm Confessin' / That I Love You (Daugherty/Neiburg/Reynolds)
7. Go Down Moses (Traditional)
8. St. James Infirmary (Traditional)
9. Somewhere (Leonard Bernstein/Stephan Sondheim)
10. Holy Holy Holy (Albert Ayler)
11. It Could Have Been Very Very Beautiful (John Lurie)
12. Witches And Devils (Albert Ayler)

Guitar - Mrac Ribot
Produced, Recorded, Mixed - JD Foster 
Recorded at Sprry Sound & Picture, NYC

こちらはJohn Zorn率いるBar Kokhbaのライヴ
MARTIN TAYLOR - Skye Boat

今やソロギターの名手。イギリス出身のマーティンテイラー。

チェットアトキンス曰く世界一うまいギタリスト。

本盤はコンコードに残した初の単独リーダー作。'82年作。

まだ超人的なバカテクぶりは見られないが、メセニー風だったり、ジムホール的だったりとセンスの良さは十分感じる良いアルバム。

特に一曲目のオリジナル曲がお気に入り。

テクニックばかり注目されて見過ごされがちだが、彼の良さはギターが本来持つ音色の美しさを引き出す巧さがある。

そこがいい。

1. Mouse's Spinney 
2. Check It Out 
3. St Thomas 
4. Falling In Love With Love 
5. Body And Soul 
6. Billie's Bounce
7. Stompin' At The Savoy

Peter Ind : Bass
Martin Taylor : Guitar
Jimmie Smith : Drums 


こちらはトニーエマニュエルとのデュオ
 


1.「Mouse's Spinney」
試聴ファイル↓↓↓
ダウンロード
BILL HARRIS

アコギでジャズ。


ビルハリス。

クローヴァーズというカントリーグループに在籍。

ミッキー・ベイカーの伴奏によるストランド録音もある。

リーダー作はエマーシーから数枚リリースし、ハンクジョーンズとも共演している。

他、WING、BLACK&BLUEからも出している。
http://www.jazzdocumentation.ch/harris/harris.html

| prev | top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
Search
WEB Shop
ECM Label Guide
Beautiful Guitars
Gypsy Swing Guitar
Guitar in Miles Davis
ECMとブルーノート
Third Stream Music
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Categories
Jazz


ECM


Classic


Folk


Bossanova


Electronica


Sketch
Ranking
にほんブログ村 音楽ブログ レコードへ
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny